MENU

引越し料金を値引きで半額にする最も効率的な方法

引越し料金の相場を調べてみたら予算の倍!なんとか半額までに値引きできないかと悩んでいるならこのサイトがオススメです。

 

長年、引越屋に勤めて数千件の現場を見てきた管理人が効率的に引越し料金から値引きを引き出すための方法をご紹介します。これさえ読めば半額も夢じゃないですよ。

 

手っ取り早く引越し料金を半額にしたい時、最も値引き効果が高いのが以下の2つの方法です。

  • 日程を暇な日に変える
  • 多くの引越し業者から見積もりを取る

 

それでは2つの方法を詳しく見ていきます。

日程を暇な日に変える

1年で一番引越しが忙しい3月下旬から4月上旬までの繁忙期は普段の2倍から3倍の見積もりも珍しくありません。つまりこの時期を外すだけでも引越し料金の半額程度の値引きは十分に期待できます。

 

あなたの予定日がこの時期以外だったとしても、下旬の土日、祝日を上旬から中旬の平日に変更すれば半額の値引きを提示してくれる引越し業者は見つかるでしょう。

 

それくらい引越し料金の相場に大きな影響を与えるのが日程です。もし、あなたが少しでも安く済ますために日程を変えれる状況であるなら、引越し業者に相談してみましょう。業者としてもトラックの予定をできるだけ埋めたいと思っているので、この日なら安くできますよと言ってくれる日をリストアップしてくれるはずです。

 

反対に忙しい日を予定日とするなら業者から大きな値引きを引き出すのには大変な労力を伴います。引越し料金を半額にしたいあなたはぜひ日程の変更を検討してください。

 

多くの引越し業者から見積もりを取る

既に予定が埋まっているような引越し業者から見積もりを取っても、あなたが思うような金額の値引きを得るのは難しいでしょう。しかし、いくつかの引越し業者から見積もりを取れば、あなたの条件でも安い値段で引き受けたいと思うところはあるはずです。

 

引越し業者によって安めの見積もりを出せる条件は様々です。たまたま、午前中だけトラックの予定が埋まらない日があったり、長距離引越しの帰り便としてルートがマッチしたり、センターからの移動が近い為に燃料費、人件費が安く済むという理由でも激安の見積もりを出してくれる場合があります。

 

またライバル業者による値引き合戦で相場よりはるかに安い見積もりが出ることだってあります。そんなラッキーに出会う為には、できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取ることが大切です。

 

他社を呼ぶと言った瞬間にたちまち見積もり額が半額になったという経験をしている人もネットの口コミではたくさん見受けられます。半額並みの大きな値引きを得る為にはぜひ実践して欲しい方法です。

 

 

↓多くの引越し業者から見積もり取るのに便利なサイトです↓

さらに引越しを格安にする方法

荷造りは自分でする

引越し業者へ荷造りの依頼を予定している人は自分で作業をするだけで約30%は安くなるでしょう。開梱プランまで考えているなら全てを自分ですることで引越し料金が半額になることは普通にあり得ます。

 

ただし引越し当日にあまりに梱包ができていない状況だと追加料金を取られかねません。そんなことにならないためにも余裕を持って荷造りに臨みましょう。

 

荷物をできるだけ減らす

荷物を減らせば引越し料金が安くなるのは当然です。しかしそのやり方には様々な方法があるので細かく解説します。

ダンボールや小物を自分で運ぶ

自家用車を持っていたり引越し先が近距離であったりする場合にできる方法です。自分では運べない大型の家具や家電を業者に任せて、ダンボールや小物をできるだけ自分で運べばその分だけ引越し料金は安くなります。

 

しかし、その際にはトラックを1ランク下げるくらいまで荷物を減らさないと期待するほどの値引き効果は得られません。

大型家具や家電製品を処分する

新居が遠ければ遠いほど、同じ荷物であっても引越し料金は高くなります。場合によっては不要な物は現在の住まいで捨てて新居で買い直した方がトータルで見た時に安くなる場合があるのです。荷物がダンボールだけになれば半額どころか3分の1にできるかもしれません。

 

特に学生生活で短期間だけ必要な家財道具であれば、わざわざ高い引越し費用を掛けて運ぶのはもったいないです。その際廃棄処分は単に不用品として処分するのではなく、知人やネットを利用して譲ったり、買取も検討してみましょう。

 

午後便やフリー便で依頼する

引越しの予定日がどうしても変更できない時に、同じ日であっても見積もりがより安いのが午後便やフリー便です。

 

4t程度までの荷物であれば午後から作業を始めても5時間程度で終わらすことができますが、午前の現場や渋滞などの影響によってトラックの到着時間が大幅に遅れることがあるので注意をしてください。

 

ダンボールは自分で用意する

引越し用のダンボールは意外に高額です。引越し業者は仕事を取るためにプレゼントとして無料提供している会社が多いですが、実際にはコストとして掛かっているために、あなたがダンボールは自分で用意できると言ったら値引き交渉に応じてくれるところも少なくないはずです。

 

ただし、引越し用のダンボールはトラック内での積み重ねに耐えるために頑丈に作られています。自分で用意するなら硬さも考慮しなければいけません。またあまりにサイズが不揃いだと積み重ねも難しく作業遅延の可能性も出てくるので、引越しした知り合いから業者のダンボールを貰い受けるのが現実的な方法です。

 

長距離引越しの場合は混載便やコンテナ便を利用する

遠方への長距離引越しを1台のトラックに1件のお客様の荷物しか載せないチャーター便で走ると非常に高額になります。高速代やガソリン代はもちろんのこと、通常1名では運ばない引越しでは人件費の負担もばかになりません。

 

このような長距離輸送を安く済ますには混載便やコンテナ便で輸送コストを少しでも安く抑えている引越し業者へ依頼することが大切です。そうでなくても元々高額な長距離引越しをコスト意識が低い業者へ頼むと費用はさらに上がります。混載便やコンテナ便を使った引越し業者の方が値引き幅も大きく半額に出来る可能性も高いでしょう。

 

荷物が少ない時は単身パックを利用しよう

一般的な引越し業者が所有している2t車は一般的な一人暮らしの単身荷物で満載にすることはできません。そのために2tトラックを使った見積もりでは割高になってしまうこともあるのですが、一人暮らしの荷物を想定している単身パックなら格安の料金設定でリーズナブルに少量の荷物を依頼することができます。2tトラックの普通の見積もりなら単身パックにすることで半額程度になったとしても不思議ではありません。

 

ヤマトや日通の単身パックが有名ですが、無名の引越し業者でも独自に単身向けサービスを提供していますので、各社のホームページを確認して判断しましょう。また軽トラを使った赤帽も少量の荷物の引っ越しをお得にできることで人気です。

 

電話で料金を聞いてみよう

引越し業者の見積もりは普通、電話やメールの内容で料金を答えてくれません。おおよその相場を伝えてくれることはありますが、実際の現場とのかい離にトラブルを招くこともあり訪問見積もりによって最終的な値段を決める会社がほとんどです。しかし、訪問見積もりには時間が掛かり、呼べる引越し業者の数も自ずと限られてきます。

 

「もっと色んな引越し業者から料金を聞いてみたい」そんな時は最低一社は訪問見積もりを受けた状態で再度電話による問い合わせにチャレンジしてみましょう。お客様の判断による荷物だけでははっきりとしたことが言えない引越し業者の他社の見積もりによる見立てがあるなら変わってくる可能性もあります。

 

それでも電話で追加料金の無い見積もりをしてくれる引越し業者は少ないかもしれませんが、かなりの確率で安くできそうくらいのことを言ってくれる一社は見つかると思います。そういった一社を見つけることができるなら引越し料金を値引きで半額以下にすることも夢じゃないでしょう。